[中国]2034年、米中戦争起こるぞ!/いや2024年だし。コロナで生物兵器というものがわかっただろ?[外国に住む中国の反応]

アジアの反応

※ 著者は元アメリカ海軍大将と元アメリカ海兵隊の本職二人組、これまでの経験を元に仮定した未来「2034: A Novel of the Next World War(2034 米中戦争)」。安易に中国との戦争を犯す危険性を訴え、新しいかたちの戦場でいかに戦い、いかに苦しむかをサクサクとテンポよく、そして残酷に書き出す。起こりうる可能性の一つとして、なぜか世界で大きな注目を受けはじめている火葬戦記。

初出:2021-03-20

2034年の米中戦争。

2034: A Novel of the Next World War(2034 米中戦争)

アラスカで米中高官が揉めている最中の2034年、米中両国が戦争を始めたと想定した小説が、3月18日に公開された。
2034年3月12日、中国が南シナ海で「自由航行」をしていた米誘導ミサイル駆逐艦2隻を撃沈させたことから始まる。一方、アメリカのF 35 E戦闘機1機がイラン軍のハッカーに完全にコントロールされた。このように米中両国を主な敵とする戦争が本格的に始まり、米国、中国、イラン、ロシア、そしてインドの高官や一般兵など様々なキーパーソンが絡み合い、最後には核戦争を引き起こし、両国民を混乱に陥れる。
著者のエリオット・アッカーマン(Elliot Ackerman)氏は米海兵隊に8年間服務している。
彼は言った「軍では、軍人こそ最も戦いたがらない集団だとよく言われる」。
戦争に真の勝者はなく「アメリカでも中国でもなく、この紛争の受益者は他の国だけになるだろう。」と考えている。
もうひとりの著者、ジェームズ・スタヴリディス(James G. Stavridis)氏は現・米タフツ大学フレッチャー法律外交大学院院長で、退役以前はアメリカ海軍大将として20年前には空母エンタープライズ号の戦闘群を指揮し、ペルシャ湾でイラク自由行動と恒久的自由行動を支援した。彼らは戦争をよく知っている。

スタヴリディス氏は3月18日、ワシントン大西洋理事会主催のシンポジウムで、本書の目的は戦争を避けたいからであり「1940年当時の欧州のように我々が戦争に堕ちたら、凄惨になるか想像できるでしょう。重要なのは反転させることです」と語った。

中国に勝利の見込みはあるのか?

米中戦争を米軍人の目線で描いた本書では、中国の軍事的優位が強調されている。状況が始まった段階で、中国とイランはサイバー兵器を利用して米国の軍事的優位を無力化させ、米国軍艦と戦闘機を撃破することに成功している。
スタヴリディス氏は、中国の軍事的優位をあながち過大とは考えていない。中国が軍事的な発展・増強を進めるなか、技術的にも優位にたち続けるのは容易ではないと考えている。
アメリカが技術の優位性を維持する3つの柱がある。サイバーセキュリティ、ドローン、海兵隊の襲撃兵団などだ。作中では、参戦者たちの誤った判断が戦争を引き起こしたという点を強調している。

これは今回のアラスカの米中高官会談のようなものです。外部はこの会議が象徴的なものだと思っていて、実質的な交渉はありません。しかし、バイデン政権発足後、初めて会った時から衝突が激しかった。
スタヴリディス氏は「米中の誤解を避けるには、多くの仕事があると考えている。中国の習近平国家主席とバイデン米大統領の間にホットラインが設置されているようには思えない。冷戦時代の映画『博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか』でこのような状況を見ることができます。私たちはホットラインが効果的に機能しているかを確認しなければならない。」と疑問を呈した。
また、「私たち自身のレッドラインがどこにあるかを決めなければなりません。必要なときには対抗しますが、協力的な姿勢をとるようにしましょう。南シナ海という歴史的な海で中国と妥協することはありません。しかし、最悪なのは中国もこれを重く見ていることです。」と強調した。

登場人物たち

2人の作家は人が最も重要だと強調する。双方の誤解を避けるため、米中のバイデンと習近平がお互いを理解できるように個人的な接触を確立する必要があるとした。
アッカーマン氏は、この小説は様々な国の人物を書いているが、これは彼が軍人だった時の訓練によるもので、毎日相手が誰なのか考えた。二人の作家は人々の心に具体的な人物を印象付けることを望んでいる。
スタヴリディス氏は「人生は素晴らしい。私たちは生活が続けられるようにしなければならない。私たちはこの本を置いて、窓の外を見て、自分に問います。あなたは戦争を避けなければならない、あなたはどうしますか?」と強調した。

参考: https://www.backchina.com/news/2021/03/20/736011.html

外国に住む中国の反応

1.[フロア(162.158.x.x)]
新型コロナウィルスの被害を見れば、核兵器は張子の虎だと分かる。生物兵器はその安さ、隠蔽性、破壊力のためにさらに恐ろしいものです。そして最も恐ろしいのは、絶望を持つ小国やテロ組織によって世界平和を危険にさらすことができるということです。
いいね[3]

2.[来場者(172.69.x.x)]
中国はこれまで自らもめ事を起こしたことはない、いつも米国が起こしてきた。
戦争は米軍が先に起こしたことだ。
いいね[4]

3.[お客様(162.158.x.x)]
2024年開戦だろ。
いいね[0]

4.[来場者(184.65.x.x)]
実際、米国はまだ数年待つことができ、神は中国政府の次期主席が誰になるかを知っています。たぶん、別の「影帝」に交代するだろう。その時は、これまでよりも腐敗した地方公務員や外国人の仲間が増え、自分たちの利益確保のため抵抗を放棄するだろう。その時、南シナ海全体を引き払うことができます。大金を費やして役職を買った軍人たちは、あえて戦争しようとはしません
いいね[1]

5.[来場者(47.157.x.x)]
2019年5月9~10日までワシントンで行われた第11回中米経済貿易ハイレベル協議は世界の注目を集めている。協議期間中、2000億ドルの中国製品に対する米国の関税は10%から25%に引き上げられた。(国際構造の変化の原因:この事件発生から中国共産党の計画が変化し始めた)
いいね[1]

6.[11 nn93n9 ]
2034年にまだ開戦していなければ、2034年以降、アメリカは中国と戦争する実力を持っていない。時間は中国側にある。戦争を始めるのは早い。しかし、今はその実力がなければ、これからはその実力がない。アメリカ覇権後の段取りをしよう。
いいね[2]

7.[11 nn93n9 ]
>>1
各国に対して生物化学兵器戦争というものを中国は示した。このパンデミックは一つの証明です。
いいね[2]

8.[お客様]
After 8 years research, I proved human being’ s sleep method is wrong with bonafide evidence. I believe next industry revolution is furniture revolution and start from my bed. This is not kidding and I am no mental problem.(荒らし)
いいね[0]

 9.[来場者(50.66.x.x)]
2034年に開戦すれば、私たちは2035を見ることができないかもしれません。長生きのために仲直りしよう!
いいね[1]

10.[来場者(67.248.x.x)]
戦争は国家指導者間の喧嘩!軍人はしょせん道具にすぎない!飼い犬と同じ!国家指導者が狂っていない限り、戦争はありません!
いいね[1]

  1. adhamf

  2. Why users still use to read news papers when in this technological world the whole thing is presented on net?

  3. Hello just wanted to give you a brief heads up and let you know a few of the pictures aren’t loading correctly.
    I’m not sure why but I think its a linking issue. I’ve
    tried it in two different web browsers and both show the
    same outcome.

タイトルとURLをコピーしました